バカ犬の独り言 第四話 茶トラ猫逃亡事件

ある日、散歩へ行くため、一階に下りると、おばあちゃんが言いました。

「サクラがいなくなった」

飼い主が、何時から?、と尋ねると、ついさっき、と応えました。
真っ青な顔色で、虚ろな目をし、いつものようなニコニコ顔のおばあちゃんではありませんでした。

“バカ犬の独り言 第四話 茶トラ猫逃亡事件” の続きを読む

バカ犬の独り言 第三話 暑くったって、眠いものは眠い!!

今年(2015年)の夏は、バカに暑いですね。バカ飼い主と暮らしていると、余計そんなことを感じます。きっと後々になって、今年は猛暑、と記録されるでしょうね、このままだと。

 

けれども、どんなに暑くても、わたしみたいな柴犬は、寝ることが大事です。もっとも、どんな生き物でも、寝ないでいられる訳がありません。徹夜が続いても、いつかは眠くなってきます。たまに、そのまま起きてくるな!!、なんて思うことがありますが、誰に対して、とは言わないでおきます。(^o^)

“バカ犬の独り言 第三話 暑くったって、眠いものは眠い!!” の続きを読む

バカ犬の独り言 第二話 掛かり付けの動物病院

この前、狂犬病の予防接種に行ってきました。と言っても、6月末日(2015年)のことで、約1ヶ月も前のことです。全く、うちのバカ飼い主も横着者です。この時期の予防接種と言えば、狂犬病とフィラリア症で、わたしたち犬にとっては、大事なことです。

 

多分、多くの真っ当な飼い主さんは、5月末までに受けてしまうでしょう。けれども、うちのバカ飼い主は、気分屋なので、ある年は4月に狂犬病、5月にフィラリア症対策をしたり、またある年は5月にまとめてしたり、もしくは、今年と同じく、6月にしたり、実にいい加減です。

 

「金がない」

“バカ犬の独り言 第二話 掛かり付けの動物病院” の続きを読む

バカ犬川柳 第三弾 その散歩

 

・ ついて来て!! 散歩の時だけ リーダー格

 

・ いざ出陣 そんな時だけ 目がキラリ

 

・ 散歩前 いつものことさ クルクル回る

“バカ犬川柳 第三弾 その散歩” の続きを読む

バカ犬川柳 第二弾 その生態

 

・ 何かある!! いきなり起きて 興奮す

 

・ 早くして!! 鋭い視線が 背後から

 

・ 震えてる ちょいと気になる トイレの時間

“バカ犬川柳 第二弾 その生態” の続きを読む

バカ犬の独り言 第一話 プロローグ

わたしが今の飼い主と暮らし始めてから、かれこれ10年近くになります。生まれは南東北になりますが、気がついたら、関東に連れて来られ、知らぬ間に、浦和のペットショップにいました。けれども、生来、脳天気なのでしょう。店員さんが自分の飼い主だと思っていました。なるようになるさ、と思いながら、ペットショップへ来る人来る人に愛想を振りまいて、そのおかげで優しくされました。しかも、会う人みんな、わたしに名前を付けました。太郎だの次郎だのと言う人もいました。ミッチャンやヨシコなんて、呼ぶ人もいました。オスなのかメスなのか、分からなかったようです。これもまた、わたしの脳天気な性格と関係しているのかもしれません。

“バカ犬の独り言 第一話 プロローグ” の続きを読む